株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸の島

記事編集
今晩は

12月もすぐそばまで近づいて来ました。
それに従い、寒さと共に夜が長く感じられるよう
になりました。

今週の初めに、仕事の関連で久し振りに女木島・男木島の風景を観る
ことが出来ました。
「めおん」という小型フェリーに乗り、海を眺めながら雑談をしていると
あっという間に女木島に寄港しました。

この日は、島でイベントがあるようで、朝には、魚貝類の朝市が、夕方には
小さな神輿とテントで飲食物を売っているようでした。
多くのリュックサックを付けた人たちが、ここで降りて行きました。

そして、次の男木島にすぐに寄港しました。
天気も良く海には、ヨットや釣り船が多く浮かんでいました。
こんな日は、良いですね。

島に降りて、山の中腹の目的地まで、勾配の強い坂を
「はぁ、はぁ」言いながら登って行きました。

仕事を終わらせて、そこから眺めると伝統的な中庭のある建築群越しに
青空と豊な備讃瀬戸の風景が広がっていました。
港のあたりを見ると多くの漁船が係留していました。
男木島は、以前と同じように漁業の街だなと改めて感じました。

坂を降りながら、小さくて綺麗なこの島は本当にいいなと思いました。
頭のしわが伸びました。



HPIMG_0992
                   男木島の石垣



SN3K0121.jpg  
           男木島の交通手段の3輪車



HPIMG_1003
                  中腹からの眺望   



HPIMG_1045
                 男木島の坂を下る



仕事でこれから訪れることが増えるので、新しい発見が多くありそうです。
  
設計室 K






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
頭のシワ…。(笑)
男木島は水仙が美しいそうなので楽しみですネ。
2009/11/30(月) 18:27 | URL | マナベ #-[ 編集]
男木島の仕事
いつもブログを読んで頂きありがとう御座います。
本当にこれから、この島に通うことが多くなりますが
水仙の季節は楽しみです。
現場にも、またいらしてください。


設計室 K

2009/12/11(金) 21:20 | URL | 株式会社創芸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/95-a80ea4e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。