FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

映画 「火天の城」

記事編集
おはようございます。
朝夕がめっきり冷えてきましたね。

昨夜、犬の散歩をさせながら空を見上げるとオリオン座が東の
低い位置くっきりと浮かんでいました。
今夜は、オリオン座流星群が観られるようです。
ハレー彗星の星の屑の帯が、地球の軌道とリンクして観ること
が出来るとのことです。
午前3時から4時が観易いとのこと早寝して観察にトライしてみようと
思っています。

話は変わりますが、小説の「火天の城」(山本兼一さん)を読んでいます。
まだ、最後まで読んでいないのですが、今週金曜日でこの「火天の城」の
映画が終わるということで、昨日観て来ました。

私が観たのは、シネマコンプレックスの中の小さな館の上映でした。
観客は、日曜夜ということで少なかったのですが、静かに快適に観ることが出来ました。

戦国時代の名工である熱田の宮大工 岡部又衛門が、織田信長と対当しながら
の行う天下一の巨城づくりのお話です。
宮大工の 岡部又衛門の人を思い、忍耐強い一図な生き方を通して物語が展開
して行きます。
城づくりに、人々の家族や恋愛が翻弄されてゆきます。
しかし、 岡部の思いと職人・家族が心が一丸となり、巨城を完成させます。

「木組みは心組み」の職人の精神・「城づくりは、人づくり」という織田信長の言葉に
心を打たれました。

風景や、建築・着物の意匠などの映像美も素晴らしいものがありました。
また、名工3者(京都・奈良・熱田)の宮大工の指図争い(プレゼンテーション)は、非常に
ユニークで面白いシーンです。
仕事で同じようなことをしている私には、親近感を覚え、参考になりました。

この映画は全国的にも、金曜日までしか観れない映画館が
ほとんどだと思います。

お時間が宜しければ、ご覧ください。

HPは、下記のところをクリックすればリンクします。

 火天の城



本当にお勧めですよ。
設計室 K








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/91-009e3a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック