FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

桐の木

記事編集
こんにちは
暑い日が続くようですね。いかがお過ごしですか?

疲れた時には、ゆっくりと休養して英気を養うことが
大切な時期です。
また、甘いものを取ってモチベーションを上げて仕事に向うこと
をしても良いかもしれません。
自分の廻りにも、チョコレートを持ち歩いている人をチラホラ見かけます。

話は変わりますが、桐の木を知っていますか?
和家具・指物などで利用される材料で比重が軽く(水の0.29倍)、消臭・調湿効果
に長け、収縮膨張などの狂いの少ない材料です。
建築では、腰張りや、フローリング材としても使用されています。

また、この木は非常に成長の早い木として知られています。
昔、子供が生まれると桐の木を植えて結婚の時に、その桐の木でタンスを造り
嫁入り道具にするとも言われていました。

それ故、以前は非常に身近な木だったように思えます。
近頃は、あまり多く見かけなったのではないでしょうか。
(山の方に行くと生えているのかもしれませんが・・・)

知人より、聞いたことがあるのですが、中国の畑の間には多くの桐の木を
見かけると言っていました。 私自身は、確認したことはありません。

その桐の木が、以前に事務所(高松市多賀町)で使っていた場所にも
生えていました。
また、現在の事務所兼工房(高松市林町)にも生えています。
どちらの土地も以前は田畑だったと思います。
そして、どちらも敷地の南側に生えています。

私は今でも、この木について身近に感じてます。
伸びるスピードが早く、毎年冬には少し切るのですが、どんどん生えて来ます。
アスファルトとコンクリートの境目から、雑草のように逞しく生えて来ます。

これも、何かのご縁なのかもしれませんね。

適当な良い距離間で、見守っていこうと思います。



HP用IMG_0466   桐の木 (遠景)


HP用MG_0468   桐の木 (接写)



設計室 K








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/77-63d217eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック