株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄骨造の町家に立体的に住む3

記事編集
こんばんは
バタバタとしているうちに、飛ぶように1日が過ぎて行きます。
今週は、先週と比べ少し肌寒いようです。
三寒四温を経て、本当の春になるのですね。
畑や、川の土手では菜の花が多く見られます。

さて、今回は鉄骨の町家のお話です。
この鉄骨の町屋は外壁が仕上がり、内装工事に入っています。
天気がここのところ良いので、どんどん進んでいます。

敷地が旧市街地の密集地にあるために、隣地や、前面道路や、電線に配慮
しながら、鉄骨躯体の組み立てが行われました。
基本的には、クレーン車を据え木造建築物と同様に進みます。
この時には小雨もあり、思ったより多くの時間を要しました。雨は、いやですね。

そして、先月に上棟式を行い、配線・配管工事を行い各階のデッキプレート
(凹凸のあるスチール製の床)や土間にコンクリートを打設して床を造りました。
そして、その床上に壁の軽量スチール下地(LGS)を起こし始めました
また、外壁廻りでは、足場を造り、鉄骨に防水シートを設置して
外壁にサイディングを貼り終えました。

この住宅は、簡単に言うと非常に体脂肪率の少ない住宅です。
つまり、内部では躯体が多く見えています。必要なところにしか天井がありません。
構造躯体を意匠と捉えて、最大限見せるように計画しています。
そうすると天井高を豊にして、階高を低く抑えることが出来ます。

それ故、配線・配管ルートをしっかり確認して進めています。(少し大変です。)

1階の土間部分を見ると分かりますが、この建築では1階の床の高さが、一般的な建物より
高く設定しています。
それは、この地域は台風などの時に水害に見舞われる地域であるのでこのように造っています。
設備的な部分も同様に、このような配慮を行っています。
今回の住宅は、一般住宅と比べてシェルター的な要素が強いものになっています。

これまでの工事進捗を上棟からの最近までの写真を添付しておきます。
次回は、内装工事についてお話します。


設計室 K


HPIMG_3237.jpg   鉄骨を組み立てる


HPIMG_3289.jpg   上棟です


HPIMG_3507.jpg   1階の土間コンクリートの鉄筋を組む  


HPIMG_3671.jpg   配管を行う


HPIMG_3609.jpg  外部足場   


HPIMG_3748.jpg   内装壁下地を造る


工務店の現場監督さんのがんばりもあり、何とか天候負けずに進んでいます。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。
がんばるぞー! 
Nさん、がんばってー!
わーい、もうすぐ、見に行きますっ。
2009/03/29(日) 19:22 | URL | 真鍋有紀子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/62-a804254f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。