FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西にて

記事編集
今晩は
今日は、雨の合間の晴れの日で久しぶりに過ごしやすい日でしたね。
家のサクランボの花びらも、雨が続きハラハラと散りかけています。

先月の末、神戸と大阪に行っていました。
神戸へは、以前働いていた設計事務所の重村先生(顧問)が神戸大学で教鞭を
取っておられました。その先生が、今年で定年のために最終講義を行うにあたり、
設計事務所OB、神戸大OBの方々からの誘いがあり、出席して来ました。

私は、神戸大学の出身ではありませんが1年間ほど研究室に出入りしていました。
そのため、神戸大学のOB方々とはフレンドリーに付き合って頂いています。

最終講義は、「生命循環都市へ」というテーマーでお話をされ、また時系列で関連のある建築作品
も紹介さfれていました。私が、担当をした建築もあり懐かしく聴講させて頂きました
内容については、集約して話ししづらいのですが、下記のようなことでした。

1、物質循環からいのちへの循環の発想
2、工業化・標準化ではなく多様性の持続と回復
3、地域に持続する自然との関わり方の経験的知恵
4、環境学習の推進・環境倫理の普及
5、持続可能な地域環境のあり方
6、都市の持続性・etc

そして、講義の最後に7つの言葉を頂き終了しました。

HP用IMG_3688

そして、次の日に大阪の「TRUCK」という家具屋さんに行ってきました。
地下鉄を乗り継ぎ玉造駅から地上へ上がると、庶民的でマンションが多く、
わりと静かな大阪風景の所に出て来ました。と言っても都会ですが・・・・
少し歩くと、古いビルの1階にそのお店はあました。
そして、すこし離れたところにも、もう1店舗(AREA2)ありました。

ソロモン流で見た通りの家具たちが並んでいました。
ラフに利用出来て、タフで、ジーンズが似合う家具でした。
ソファーは柔らかめで、懐かしい座り心地でした。
木とスチールのコントラストも絶妙なバランスでした。

家具が展示されている空間も、天井・壁の仕上げを1度落として、ホワイトの色で
ペイントされている、雰囲気の良いアンティークでおしゃれな空間でした。
素材の扱いのポイントとして、木材の割れ・節、皮の傷・変色部分はそのまま利用
して、素材を味わい・感じるをいうことが大切のようです。

私は、豚皮のデスクチェアーが気に入りました。
黒皮のスチールとブラウンのユ-ズド風のレザーの相性が抜群でした。

またそこは家具だけでなく、雑貨も販売されていました。
雑貨(カップ・紙の収納ケース・衣類フック・外国の積み木・etc)もユーズド風で、
ユニークなものが沢山ありました。

それから、お茶をするならショップより50メートルほど手前のカフェも
同じようなテイストがあり居心地がいいですよ。
TRUCKさんがプロデュースしてるのかな

有名店なので、お客様は多かったのですが、また居心地が良いので
寄せて貰おうと思っています。






設計室 K








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/20(金) 12:06 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
バタバタしていて返事が遅れました。

しばらくぶりに、神戸を歩くとおしゃれなお店が増えていますね。
ゆっくりと、観て歩きたいですね。
お勧めが、あれば教えてください。
知人のお土産に、そごうで「えびすロール」を買いました。
私も食べましたが、甘くなく上品なロールケーキでした。

話は変わりますが、「TRUCK」は、製作意図がしっかりしているので、
優れた商品を作っていると思いました。
ルーズさからくる素材感が、懐かしくて本当に素敵ですね。

神戸で、楽しみながら良い仕事をしたいですね。
良いクライアントがいないかな。

設計室 K

2009/03/26(木) 18:16 | URL | 株式会社創芸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/59-9cd0861b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。