FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄骨造の町屋に立体的に住む 1

記事編集
こんにちは 
小雨の日ですね。
雨音に包まれる静けさは心地よいものです。

今回は、現在進行中プロジェクトの一つについてお話しようと
思います。
この建物は、海に近くお寺が点在しており、寺内町の古い町並みが部分的
残るエリアにあります。
お寺・醤油蔵・銭湯・商家などが、当時の姿を留めており隆盛を創造することが
出来ます。

この計画は、既設住宅建て替えのプロジェクトです。
街を歩きながら地域を感じ、場所についての記憶を教えてもらいながら
住宅計画を行いました。

海に近く台風により、海水面が上昇して浸水したことのあるエリアであること。
以前のゆるやかな勾配の海岸と海岸線の位置。
敷地前が昔に川が流れていたことなどetc。

地域環境を把握することは建築計画を行うことにとって、本当に大切なことです。
また、施主のライフスタイルのこれからの変化についても、じっくりとお話合いを
行いました。
このような対話は、現場の間も続き最良の計画の方向性を模索します。
住まい続けること快適さ求めて・・・・・。

この住宅は、コンパクトに立体的に空間構成されていて、アクティブに住みこなして
貰えると思います。


HP用IMG_3353   模型写真1


HP用IMG_3348   模型写真2


HP用IMG_3341   模型写真3


現在は、上棟しており外部まわり鉄骨下地部材の取り付けを行っています。
建築好きの工事監督さんと共に現場が、地道にしっかりと進捗しています。


設計室 K




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/31(土) 01:57 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
HPを見て頂き、ありがとうございます。
温故知新は、いい言葉です。
古い建築や、町並みから学ぶべきところは、たくさんあると
思います。

格子についても、地域性・産業により開口率やデザインが変わって
きます。倉敷のl格子は、紡績の作業を行う関係でリズミカルで斜め
上からの光が入り易くなっています。
今回の現場周辺は、オーソドックスで開口率の良い縦格子のエリアです。

地域の持つデザインや、ディテールを昇華して現代的に利用して
将来へ伝えて行けたらと思っています。


設計室 K
2009/02/03(火) 19:55 | URL | 株式会社創芸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/52-9e9fa853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。