FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

薪ストーブの設置

記事編集
こんにちは

3月なのに、少し寒くなったような。いかがお過ごしですか?
数日前にテレビを見ていると、静岡で桜の咲いている風景が映し出されていました。
早咲きの桜なのですが、春の足音が近づいていること感じます。

少し遅れ気味の話ですが、薪ストーブについてのお話です。
薪ストーブは、私にとって大好きな設備なのですが以外に、木造住宅の新築時
の設置は難しいものです。

地域差は、大きいと思うのですが私の住んでいる地方の場合、市の火災条例
による設置基準に左右されます。

日本暖炉ストーブ協会の設置基準より市の火災条例の方が厳しいので、こちらが
基準となり設置についての打合せを以前、地域管轄する消防所と行いました。

離間距離は、上方150㎝ 側方100㎝ 前方150㎝ 後方100㎝と記載されています。 

この離間距離の範囲内には、間柱・下地その他主要な部分を不燃材で造ったもの以外を
除き設置出来ないというものです。

私の場合、地域管轄の消防所との打ち合わせにより、側方寸法・後方寸法は
日本暖炉ストーブ協会の設置基準に従っても良いとの話しになりました。

それ故、プランニングの時には設置場所に対する配慮が必要になります。
それ以外にも、建築計画に段階では、空気の流れと部屋の繋がり、換気計画、効率性
薪置き場との導線など多くのことを検討して行きます。

薪ストーブを利用される方が、増えることで、条例の設置基準も変わってくると
思います。

冬場の薪ストーブというものは、体の芯から温まり本当に良いものです。

薪ストーブを設置することで、ライフスタイルは大きく変化します。
薪置き場の確保・薪の調達・薪割り・薪に乾燥などの薪ストーブの燃料を意識した
オフシーズンの生活が始まります。

楽しみながら動いて行くと、仲間出来て薪ストーブを中心としたネットワークが広がる
ようですね。

まだ、3月なのでもう少し薪ストーブライフが楽しめますね。




設計室 K













スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/144-e5546673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック