FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「笠島まち並みふれあい祭り」にて

記事編集
こんばんは 

11月も最後の日になってしまいました。
早いものですね。

先週、知人に誘われ塩飽諸島の笠島に行って来ました。
この日、笠島では「笠島まち並みふれあい祭り」が行われていました。
島の秋祭りとあって、非常に賑わっていました。

ダンス・太鼓台・餅つき・獅子舞・本島歴史散策・咸臨丸に関する講演会・アート展
など多くの催し物があり、しっかりと楽しませて頂きました。

この島は、7年ぶりぐらいになります。
以前より、街の景観改修少し進んでいて、風情ある漆喰壁と装飾的ななまこ壁、縦格子
からなる豊かな街並みと人の賑わいのコントラストは美しいものでした。

アート展では、瀬戸内国際芸術祭とは違った雰囲気の中でアートを楽しむことが出来ました。
長友さんの瀬戸の魚を描いた水彩画が心に残りました。

また、ギャラリーアルテでは、後輩の照明アートを観賞しながら咸臨丸の食事を
参照して調理された「咸臨丸ランチ」を食べました。
このランチは、野菜を中心にヘルシーな構成でさっぱりとした味付けの食事でした。

その後、本島歴史散策に参加して街をゆったりと説明を聞きながら歩き、
小学校で「子孫から見た咸臨丸の歴史」という講演会を聞きました。
幕末の歴史と咸臨丸のあゆみ聞きながら、この船をより身近に感じることが出来ました。
頭の中で、NHKの「龍馬伝」とリンクしてライブな感じで拝聴しました。

行き帰りの船が、男木島でよく乗船した「めおん」というおまけ付きで楽しめる
休日となりました。




HP用IMG_1724   町並み(白壁と格子)
 


HP用IMG_1769   町並み(なまこ壁の蔵)




HP用IMG_1767   神社の落ち葉



HP用IMG_1777   咸臨丸ランチ
  


HP用IMG_1793   古い家屋にあった大黒さんの鏝絵





今回行けなかった、農村歌舞伎小屋も次回行きたいと思います。
この島では、人々が歴史を大切にして暮らしています。
瀬戸の島は、美しい


設計室 K





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/136-02dd62de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。