FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

瀬戸内国際芸術祭の風景

記事編集
今晩は

あっという間に7月も終わりですね。
7月は、瀬戸内国際芸術祭を中心に動く月でした。
瀬戸内国際芸術祭も7月19日の開催から13日余りたちます。

各島々で完成していなかったアートプロジェクトも、ほとんど完成して
動き始めました。

漆の家プロジェクトも、7月26日より「冷たい緑茶」や、「ところてんとお茶のセット」
をカフェコーナーで販売を始めました。

まだまだ、認知度がないのでこれからというところですが・・・。

また、漆塗り杖や、漆玉のストラップの販売も始めました。
男木島は坂が急なので、この杖があると非常に便利です。
敷地に生えていた笹を燻して、それに麻ひもを巻き漆を塗りました。

どちらも、非常にカラフルでプリティーな商品に仕上がっています。
現地で、ご覧いただければ幸いです。

あす、茶話会が午後2時・午後3時に2回行われます。
お抹茶とお菓子のセットで500円です。
このプロジェクト誕生の色々な逸話が語られます。

楽しいイベントですので、私も期待しています。
9月5日(日)・10月3日(日)にも行われます。
瀬戸内国際芸術祭にいらしてくださるのであれば、これらの日に来られると
より「漆の家プロジェクト」が理解出来ます。

今回は、宣伝ばかりになってしまいました。



HP用IMG_2216   高松ボサノバフェスティバル



HP用IMG_2237   犬島のアジアンな屋台



HP用IMG_2242   維新派会場の入り口廻り



HP用IMG_2232   彫漆のワークショップ(漆の家)



HP用IMG_2228   カラフルな漆の杖



瀬戸内国際芸術祭は、イベント真っ盛りです。
私も時間をかけて島のアート巡りをして行こうと思います。

設計室 K








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/124-751250ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック