株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内芸術祭

記事編集
今晩は

夏が近づいて来ている感じですね。
いかがお過ごしですか?

私が、参加している瀬戸内芸術祭のプロジェクトも佳境に入って来ました。
男木島に渡る回数も増えて来ました。

この男木島に渡る時に、「めおん」という船に乗ります。
「めおん」という船は、1号と2号があります。

殆ど2号に乗船するのですが、たまに1号に乗ると高校の恩師の絵に出会えます。
その絵を観ていると、高校時代のことが思い出されます。
渋くてカッコイイ先生でした。
K先生元気かな・・・懐かしいものです。

話は元に戻って、私が参加しているプロジェクトは「漆の家プロジェクト」と言います。

漆と身近に触れあい、楽しんで頂き、香川の漆の拠点となる場を目指しています。
詳しくは、後日出るガイドブックをご覧ください。

この男木島は、16種類ぐらいのプロジェクトが動いているようです。
島を歩いていると、あちらこちらでアーティストたちの活動が見られて非常に
楽しいものです。

思考に富んだものが多く、出来上がりが楽しみです。

港のプレンサーさんの交流館も、外観はほとんど完成しているようです。
屋根の8カ国もの文字が描かれていて、この文字が室内に影を落とすという
ユニークな構造の建築物です。

この建物が島の玄関となります。

会期の始まりに向けて、皆で力を合わせて良いかたちで、見て頂ける
ように努力して行こうと思います。






HP用IMG_1850   めおん1号の壁面絵画



HP用IMG_1851   めおん1号の壁面絵画の詳細




HP用IMG_1857   たまたま停泊していた海上自衛隊の船



HP用IMG_1854   男木港の風景(白い建物が、交流館)



HP用IMG_1859   漆の家プロジェクト現場


このプロジェクトに参加して、漆の可能性について
楽しく学ばせて頂いています。


設計室 K






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://archisogei.blog18.fc2.com/tb.php/119-0dd3e648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。