株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸の島

記事編集
今晩は

12月もすぐそばまで近づいて来ました。
それに従い、寒さと共に夜が長く感じられるよう
になりました。

今週の初めに、仕事の関連で久し振りに女木島・男木島の風景を観る
ことが出来ました。
「めおん」という小型フェリーに乗り、海を眺めながら雑談をしていると
あっという間に女木島に寄港しました。

この日は、島でイベントがあるようで、朝には、魚貝類の朝市が、夕方には
小さな神輿とテントで飲食物を売っているようでした。
多くのリュックサックを付けた人たちが、ここで降りて行きました。

そして、次の男木島にすぐに寄港しました。
天気も良く海には、ヨットや釣り船が多く浮かんでいました。
こんな日は、良いですね。

島に降りて、山の中腹の目的地まで、勾配の強い坂を
「はぁ、はぁ」言いながら登って行きました。

仕事を終わらせて、そこから眺めると伝統的な中庭のある建築群越しに
青空と豊な備讃瀬戸の風景が広がっていました。
港のあたりを見ると多くの漁船が係留していました。
男木島は、以前と同じように漁業の街だなと改めて感じました。

坂を降りながら、小さくて綺麗なこの島は本当にいいなと思いました。
頭のしわが伸びました。



HPIMG_0992
                   男木島の石垣



SN3K0121.jpg  
           男木島の交通手段の3輪車



HPIMG_1003
                  中腹からの眺望   



HPIMG_1045
                 男木島の坂を下る



仕事でこれから訪れることが増えるので、新しい発見が多くありそうです。
  
設計室 K






スポンサーサイト

あ・うんの数寄 海の大茶会に参加

記事編集
こんばんは
今日は、昨日と違い少し冷え込んでいるようです。

先週の日曜日にあ・うんの数寄 海の大茶会に行って来ました。
私は、知人と共に小豆島を中心にお茶席を巡りました。

天気も良く最高のイベント日和でした。
茶楽さんの設営されている山田邸を皮きりに4か所を巡りました。

この山田邸さんの敷地の広さと巨石を利用した建築物は、目に見張るものが
ありました。
薄茶席も地下にあり、洞窟のようで不思議な空間でした。
普段でも解放されているようです。

また敷地内のお寺も来年には、完成するようです。行く価値がありますよ。

昼食には、和点心を肥土山農村歌舞伎で津軽三味線を聴きながら頂きました。
この場所は、10年ぶりぐらいでしたが、以前と変わりないようで
改めて牧歌的で豊か交流が、図れる場所だと思いました。
舞台と芝の階段状のゆるやかな勾配の関係が、絶妙です。

次に内海の栄光寺で、濃茶を頂きました。
小豆島八十八ヶ所霊場の名刹であり、御寺の茶室を重森三玲氏設計作庭
の「竜門庵」あるということで小豆島では一番行きたかったところでした。

実際に行ってみると、茶室も良いですがお庭の敷石の直線的な構成や、
生垣などもデザインされていて、素晴らしいと思いました。

最後に、金両醤油でアンティークな洋食器を用いた紅茶席で、ゆっくると
手作りのお菓子を頂きながら、一期一会の大切さを痛感しました。
私の器は、古薩摩焼きで密度の高い意匠が施されていました。
非常に良い器でした。

今年は、5回目ということでしたが、来年も参加したいと思いました。
本当に楽しめました。
参加を進めていただいたMさんありがとうございました。



HP用IMG_1062   山田邸薄茶席入口

 

HP用IMG_1064   山田邸茶席出口



HP用IMG_1067   肥土山農村歌舞伎

 

HP用IMG_1069   和点心弁当



HP用IMG_1071   栄光寺 (手前は枯山水)




HP用IMG_1073   栄光寺 アートな敷石




HP用IMG_1074   金両裏の住宅(県文指定)



HP用IMG_1077   ドライイチジクのお菓子



HP用IMG_1078   古薩摩焼のティーカップ



愉しい日は、あっという間終わるものですね。  あ~ぁ

設計室 K







研修旅行

記事編集
今晩は
11月に入り、寒い日が増えて来ました。
北の方では、初雪のニュースも、ちらほら聞こえるようになりました。
ブログはしばらくぶりです。

いかがお過ごしですか

先月、研修旅行で、岡山の奈義町現代美術館と犬島のアートプロジェクトを見て来ました。
奈義町現代美術館は、10年ぶりぐらいでした。
当時と比べそんなにイメージは変わっていませんでした。
「時間の経過と共に、しっくり馴染んで来たかな」という感じでした。
前回に入らなかった図書館が、本に包まれるような空間で非常に良いので
感動しました。
アスプルンドさんの設計の北欧の図書館のようでした。

岡山に行かれたおりには、お勧めです。

犬島のアートプロジェクトは、環境建築も、アートワークも素晴らしく良いです。
銅の精練所の副産物のカラミ煉瓦・花崗岩で構成される風景が、本当に渋い。
遺跡のような感じでした。

建築は、三分一博氏、アートワークは、柳幸典氏が行っています。
建築では、環境システムをしっかりと配慮して、心地よい空間づくりをしています。
アートワークは、空間を意識したあっと驚く不思議な仕掛けで楽しめます。



HP用IMG_0867   奈義町現代美術館入口



HP用IMG_0873   宮脇さんのオブジェ



HP用IMG_0887   荒川さんの作品


HP用IMG_0899   本に包まれた図書館



HP用IMG_0921   犬島の案内所



HP用IMG_0947   アートプロジェクト風景1



HP用IMG_0967   アートプロジェクト風景2


HP用IMG_0975   アートプロジェクト風景3



日本でないような風景でしょう休日に行くと楽しめます。



設計室K








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。