株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストランで打合せ

記事編集
こんばんは
少し寒さも和らぎましたが、師走の足音が聞こえ始めた
気がします。
忙しく動いているので、あっという間に時がすぎて往きます。
落ち着けないものです。

今日、打合せ兼昼食でレストラン井上知城(トモシロイノウエ)を利用しました。
住宅として利用されていた建築を、フレンチレストランにリノベーションを
行なわれ、昨年オープンしたお洒落なお店です。

小高い場所あり、楓などの木々の隙間から、西に向かって豊かな景色が
広がっています。

ゆっくりと時間が流れる中で、美味しいものをいただきながら、クライアントと
色々なことを話し合いました。

料理は、香川の食材を中心に強弱の利いた味で構成されていました。
多様な手法で、料理されていて彩りも美しく、美味しいので会話が弾みました。

普段、落ち着けない昼時ですが落ち着いて、豊かな時間を過ごすことが出来ました。

感謝

明日は、徳島でプレゼンを行います。
上手く行けばいいなぁ~。
丁寧に設計主旨を、しっかりと伝えて帰ろうと思っています。


                             設計室 K



HI340043.jpg


HI340044.jpg  
エントランスのサインです。私が、写りこんでしまいました。 



スポンサーサイト

ミラ・ナカシマ講演会

記事編集
こんばんは 

今週の木曜日にミラ・ナカシマさんの講演会に行って来ました。
この講演会は、香川県デザイン協会が主催しています。
私もこの会に属しており、研修委員をしています。

この講演は、牟礼町の桜製作所内にジョージ・ナカシマ記念館が
11月17日にオープンするにあたり、娘様のミラさんが来日されるので、
それを期にご依頼した講演会です。

いきなりミラさんのお話をしても、理解されていない方が多いと思います。

お父様のジョージ・ナカシマさんは、機械と合理性がしはいする20世紀
にあって、ひたすら木を愛し、木の心に即して、家具つくりに専念した
アメリカの日系家具デザイナーです。世界的に評価されている方です。

ジョージ・ナカシマさんは、流真之さんを中心とした讃岐民具連親交を
結び、牟礼の桜製作所を日本のアトリエとして、ものづくりに励まれました。

代表作は、沢山ありますが私はコノイドチェアー・ミングレンテーブルが
好きです。力の持たせ方が、非常によく考えられています。

作風としては、建築学に精通されているので構造的に工夫されいて
素晴らしい家具です。
建築は、ワシントン大学・MITで学ばれています。
日本では、家具以外に京都・軽井沢教会の建築設計もされていました。

講演会の内容としては、「製作の精神」と題してお話を頂きました。
自然を尊重して、自然の中に美を発見して製作を進めてられたこと
や、日本の禅の精神を大切にしたこと、また木の使われない部分を
利用して家具行ったことなど色々なお話をして頂きました。

気さくなで、スマートで、クレバーな素敵な人でした。

講演を聴き,心が洗われた気がしました。
そして、強い心を持ち、地球にやさしいものを創って行こうと
思いました。


                                 設計室 K

DSC06306.jpg


DSC06314.jpg





家具の塗装補修

記事編集
今晩は
11月に入り、日増しに風が冷たくなってきましたね。
また、早くも忘年会の話や、来期の計画の話が聞こえてきて、
日時の経つスピードが増して行く様に感じます。

今回は、家具塗装の補修についてです。
熱い物を置いたり、物が落ちたり、酸性の強い液体が付着したり
すると、しみや、キズになってしまいます。

お客様から大切に使っていた、木製のディスプレイ台の補修の仕事が来ました。
TOPに白いリング状の塗装の痛み部分がありました。
その部分を詳細に見ていくと、塗装部分までの痛みのようでした。
突き板(木材部分)まで達していても,染色を行うと何とか以前の色に
合わせられそうな感じでした。そして、作業へ

その部分の塗装を丁寧に剥がし再度、染色を行いウレタン塗装を施しました。
そうすると、すっかり白いリング状の塗装の痛み部分がなくなり、
綺麗な木製のディスプレイ台に戻りました。

思い入れある大切な家具のしみは、気になるものです。
弊社は、家具補修専門の会社ではありませんが、頂いた仕事は
丁寧にしっかりと行う所存です。

小さな物でも、気軽にご相談いただきたいと思います。

HP用IMG_2845     補修前の家具


HP用IMG_2846     補修前の家具


HP用IMG_2848     補修前の家具       



HP用IMG_2858     塗装補修後の家具1


HP用IMG_2862JPG     塗装補修後の家具2


HP用IMG_2860      塗装補修後の家具3



結構、変わるものでしょう。では、また     設計室 K+製作推進部 K








廃校キャラバン

記事編集
昨日、香川県建築士会中讃支部主催の廃校キャラバンに行って来ました。
場所は、まんのう町の旧仲南小学校で、高松から50分ぐらいでした。
この学校は、初めて訪れましたが緑に包まれた本当に環境の良い小学校
でした。

この廃校キャラバンとは、廃校だけでなくこれから増えて行く廃空間ストック
に対して、その地域の状況や空間的な特徴などを専門的な視点で捉えて、
コンバージョン、リノベーション等の可能性を提案して行く継続的な事業として
企画されています。

イベント内容としては、家具による空間展示・廃校利活用提案パネル展示・
記念講演(JIA四国支部 斉藤さん)・ワークショップ(物をつくる2種類)などです。

展示として廃校活用の他施設事例があり、利用の多様さに驚きます。
このように、思い出のこもった地域性の強い、豊かなスペースの活用は、これからも、
どんどん行って、地域の活性化に繋がればと思いました。

Cafeも出展していて、居心地の良い空間です。11月9日までのイベントですので、
足を伸ばして見学してみれば、発見があるかもしれません。
いかがでしょうか?


HI340039.jpg      会場の学校外観 1



HI340040.jpg      会場の学校外観 2


 
HI340035.jpg      カフェボタン  コーヒーとカップワッフル


HI340036.jpg      アンティークな家具



HI340037.jpg      記念講演会の風景



             創芸 設計室 K










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。