FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

「納屋に住まう」 リフォーム5

記事編集
街を車で走っていると、咲き始めた桜がちらほら見受けられます。
来週末は、満開の美しい桜が様々なところで咲いていることでしょう。
気温も、少し寒いようですが春が少しづつ、やって来ているようです。

話は本題のリフォームになりますが、月曜日に屋根の断熱工事を行いました。
断熱材はセルロースファイバーを選択しました。
その理由としては、下記のようなものでした。

  ①既設納屋の材料が自然素材によるシンプルな構成であり、ナチュラル
   な断熱素材の検討を行う必要があること。

  ②2階部分が、寝室であるゆえ断熱性能の良いものが求められたこと。

  ③納屋の構造で2階の天井が低いこと。

  ④吹き抜けがあり、反響音が出るかもしれないこと。

セルロースファイバーとは、新聞残紙など木質繊維を主原料としたバラ綿状の断熱材です。
新聞残紙などを細かく繊維状にし、それに「ホウ酸」(ゴキブリよけや、目の洗浄・消毒等に
使われる人体に無害な物質)を混合し、攪拌(かくはん)したものです。
また、古紙再生利用によりグリーンマーク、エコマークの指定を受けています。

日本での知名度はまだまだ低いですが、安全基準に厳しいアメリカで多くのシェアを獲得し、
60年の実績を誇る大変優れた断熱材です。

このリフォームでは、天井に40ミリの厚さで吹きつけました。
感想としては、吹き付けた後に室内温度が下がりひんやりとした感覚に
なりました。後日、昼間に訪れても断熱効果を感じ取ることができました。
そして、今回はこの材料に意匠的に手を加え、吸音材としても利用しよう
と思っています。

現場の吹き付け作業写真を添付します。
下方より、野地板に吹き付けています。

この吹き付け作業後2~3日は、振動のある作業は行ってはならない
とのことでした。それ故、現場では、数日間は振動のない作業のみを
行っていました。

                                  設計室 K

HP用IMG_1621
                       攪拌の用意

HP用IMG_1628
                     吹き付け作業1

HP用IMG_1632
                     吹き付け作業2

HP用IMG_1629
                      吹き付け状態






 
スポンサーサイト