FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

スポンサーサイト

記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「納屋に住まう」リフォーム 3

記事編集
納屋のリフォーム工事で、五右衛門風呂の薪の投入口廻りの撤去工事
をしていて、黒い色の煉瓦が出てきました。
薪の投入口の壁は、一般的なオレンジ色の煉瓦でしたが、
内部および五右衛門風呂の廻りの熱が伝わるところは、
この色の煉瓦が使われていました。
おそらく、耐火煉瓦だと思われます。

以前、竃廻りを撤去したことがありましたが、オレンジ色の煉瓦
ばかり出て来た記憶がありまた。
また一昨年に、中国の上海に行ったときに建築工事現場に近づくと
この色の煉瓦を見た記憶がありました。
このとき、上海はスラムクリアランスのために、多くの古いスタイルの民家
が取り壊されていました。沢山の撤去工事の現場がありました。
高層建築と煉瓦で造られた民家が、対比的で「開発と発展」そして「景観」
について考えさせられた思い出があります。

今回撤去工事で出て来た黒煉瓦の写真を添付します。
歴史のある渋い色の煉瓦でした。

                                    設計室 K

黒レンガIMG_1253
             五右衛門風呂廻り撤去写真

黒レンガIMG_1252
                    黒煉瓦断面写真

上海IMG_2530
        上海の撤去工事現場1

上海IMG_2529
                上海の撤去工事現場2





スポンサーサイト

「納屋住まう」リフォーム 2

記事編集
前回に引き続き、リフォームで発見して感じたことを書きます。
五右衛門風呂は,見たことがありますか
入ったことがありますか
場所によっては、現役の五右衛門風呂もあると思います。

五右衛門風呂の名前の由来は、豊臣秀吉が天下の大泥棒こと石川五右衛門
を京都三条河原で、かまゆでの刑にしたという俗説から生まれました。
五右衛門風呂とはカマドを築いて釜をのせ、その上に桶を取り付け、底板を
浮き蓋とし、その板を踏み沈めて入浴するタイプのものです。
五右衛門風呂は底が鉄製であるのに対して、長州風呂は全体が鉄製であります。
現在では、五右衛門風呂イコール長州風呂として扱っているようです。

子供のころ、私の祖母の家には五右衛門風呂が、納屋と隣接してがありました。
焚き口に古新聞や、古紙を丸めて薪と共に入れて火をつけて、沸かしていた
記憶があります。子供心に火をつけるは難しく、また火の機嫌を取るのは
なお難しいものと思っていました。

その、五右衛門風呂(長州風呂)が今回の現場にはありました。
下屋の部分に浴室を取り、設置していました。
この現場では、この場所を外部収納として用いるので撤去を行いましたが
先に書いたように、非常になつかしく感じました。

香川では昔、納屋の中に浴室を取り五右衛門風呂を設けたり、納屋と隣接して
浴室を計画したりされていたようです。
また、主屋との納屋との関係は、分棟化されており機能性を重視して計画されて
いたものが多いようです。

五右衛門風呂は、お湯の対流現象で本当に良く暖まるお風呂です。
また、何処かで機会があれば入ってみたいと思います。


                                    設計室 K

HP用IMG_1194

                既設浴室

HP用IMG_1241

                 取り外した鉄釜浴槽



「納屋に住まう」リーフォーム 1

記事編集
「納屋に住まう 丸太組の家」というコンセプトで、昨年の10月
ごろからリフォーム準備に向けて某納屋の片付けが始まりました。

その中で、珍しい物に出会いました。
昔の木製猫車です。2台ほどありました。
かなり使い込まれていましたが、まだまだ働けそうな感じでした。
牛に引かせて、農産物を運んでいたというお話でした。
また、猫車フレームを製作するにあたり、山で曲がりの大きさの似た木
を伐って来て作るようで、山と人との距離感が近く感じられました。
そして、その材料を探すのが、大変だと大工さんからお話を伺いました。
人の手が入らない山が多い昨今、そのようなお話を伺うと、
山と人をの関係をもう一度復活させることが、大切ではないかと
思いました。

この木製猫車をよく見るとタイヤの大きさが違っていました。
利用方法についてもう少し聴いてみたい思いがました。


                             設計室 K

HP用IMG_0926

                   猫車1

HP用IMG_0925

                   猫車2

小物収納家具の漆塗り

記事編集
先月、小物収納家具「和トランク」の仮り組みを行い部材にばらして
漆器屋さんに納入しました。
それが、漆を塗って帰ってきました。
ばらせば、コンパクトになるのだなと思いました。
これから、組み立てを行い、金物を付けていきます。
色々な調整を行って完成すれば、また報告します。


                                 設計室 K

HP用IMG_1236


HP用IMG_1239

久しぶりの東京

記事編集
先週の2月1日(金)・2月2日(土)に東京に仕事で
行って来ました。東京へは、半年ぶりでした。
その中で、気づいたことを書こうと思います。

都内を中心に電車で移動しましたが、改めて地下鉄の
多さと電車間の乗り継ぎの速さに驚きました。
地方都市とは、インフラの密度が違うなと思いました。

しかし、飛行機については、毎度のことですが発着ゲート
まで距離が長く、動く歩道があるにせよこの距離少し短く
建築計画ができないものかと感じました。
高松でくらしていると、ドアツゥードアの生活で長い距離を歩行
しないのでそのように、感じるのかもしれません。
長くなるなるのであれば、何らかの心を癒すような工夫や、デザイン
処理がされても良いかもしれません。

次に商業施設のお話です。
今回は、打合せの後に夕食を食べに東京駅前の新丸ビルに行きました。
行幸通りを挟み、丸ビルと新丸ビルが並んでいます。
この新丸ビルは、飲食と物販のエリアがバランス良く配されています。
また、インテリアも洋風建築のイメージ上品に且つ、現代的に造られて
います。外観は、低層部が金属質で男性的です。

夕食は、この建物5階の「こなから」に行ってきました。
創作おでんのお店です。都内でも、幾つかお店がある名店です。
センターに金属製(銅製?)の瓢箪型の大型鍋がありそれを囲うように
客席が配置されています。おでんは、そこからサービスされます。
まろやかで、すっきりとした味で、非常に美味しいおでんでした。
また、オリジナルの練り物のおでん種がたくさんありました。
少し紹介すると、ゴマ入りの鰯つみれ・明太入りのはんぺん・
鳥の軟骨入りの不思議な練り物などです。
そして、お酒も厳選された銘柄が頂けます。

またこの店名の「こなから」と言う意味は、非常に良い言葉ですので紹介します。

正式には「こ・なから」。「親と子(親心)」と言う意味と「適量(半分の半分、1/4)」と
言う意味と2つの意味を持っていて、「お酒を飲むには適量が良いというご主人の親心」
と言う意味 とのことです。漢字では、「小半ら」と書くようです。

もし、東京に行ったときに、宜しければお立ち寄りください。
会話が弾み、心が温かくなります。

何とか引き返さずに、高松空港に帰ってくると、一面が雪でした。

                                 設計室 K

IMG_1196HP用 
             新丸ビルホール

HI340029.jpg
                  こなから 

IMG_1235HP用
                         高松空港                             

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。