FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

黒川雅之先生の思い出

記事編集
今回は、前回ふれたゴム製コースターをデザインされた
黒川雅之先生について、書きます。
黒川先生は、私が大学生の時にたいへんお世話になったゼミの先生です。

私は、大学で美術学科の住空間デザインを専攻していました。
その時に、建築以外に工業デザインに非常に興味がありました。
そして、イタリアのように建築・インテリア・工業デザインをボーダレスに
仕事ができないものかと思っていました。
当時デザイン系雑誌を読んでいると、国外の建築家がデザインしている工業製品が、
たくさん掲載されてました。
照明器具・時計・インテリア小物・etcで、良い物が多かったように思えます。

3年生後半になり、ゼミの先生を選ぶにあたり先生方を見渡すと、
工業デザイン・インテリア・建築のエリアで多様なお仕事をされていたのが、
黒川先生でした。
そして、先生のゼミを選び卒業設計を行いました。
ゼミでは、祭りをテーマにした複合商業施設の設計を行いました。
ゼミの時は、禅問答のような感じで言葉を大切にしてイメージを膨らます方法を
取っていました。
私のボキャブラリー不足もあり、なかなか進まずご迷惑をおかけしました。
無事に卒業設計も仕上がり、東京ではインテリアデザイン事務所に就職しました。
その後、神戸の建築設計事務所を経て、地元の高松に帰ってきました。

帰って来て14年なりますが、4年ほど前から建築以外に漆器のデザイン
に携わる機会を得ました。照明器具・小物収納・器などのデザインを行っています。
建築・インテリアより、触覚を大切にしたミクロな世界です。
お椀などの器は、口当たりの感覚がデザインする上で非常に重要です。
五感をフル回転さして、はっとした驚きのあるユニークで使い易いものを
提案できればと思っています。

今の自分の仕事は、建築とインテリア設計が中心ですが、漆器小物など
のデザインを行うときにすんなりと入って行くことが出来ました。
これも、黒川先生のおかげだと思いました。
学生の時にアトリエを訪問させて頂いたときに、片側で建築設計を行っていて、
もう片方で照明器具や腕時計のデザインをメーカーから依頼されて行われて
いました。そして、その時にイタリアのデザイン環境の話しをされて、
「建築は、デザインの母なんだよ」という言葉が今でも心に残っています。
建築・インテリアを中心として、それ以外分野でもチャンスがあれば多様なデザイン
に挑戦して行こうと思います。


                                    設計室 K









スポンサーサイト