FC2ブログ
株式会社創芸スタッフのお届けする日々の業務日記です。
管理者ページ 

インアテリアフォーラムとたこ焼き

記事編集
こんばんは

寒くなって来ましたね。
そして、日暮れが早くなり夜がすぐにやって来ます。

バタバタしていて、少しの間ブログが書けませんでした。

弊社で製作販売している「箸一番 がっちりさん」が2週間ぐらい前に
NHKさんのニュースに取り上げられてから、対応に大変な状況でした。
多くの方から、貴重なご意見やお問い合わせを頂きました。

ようやく落ち着いてきました。

みなさま、如何お過ごしですか


私は、先週の末に大阪の関西インテリアプランナー協会のフォーラムにパネラー
として出席して来ました。

若手の新しい集まりのKIPA+というグループについてのことでした。
KIPA+は、まだこれから運営・アクションプランなど多くのことを決めなくては
ならないので、また形になり本格的に活動が始まればご報告します。
商品開発や、国際的なイベント参加など面白いことが出来そうでワクワクしています。

この会の集まりの後、隣のビルの地下でたこ焼きを食べながら、反省や、運営など
いろいろなこと話ました。

このお店は、蛸の壷と言います。
関西では、良く見かける十三(じゅうそう)が本店のお店です。
私は、初めてお店に入って食べました。

このお店のたこ焼きの特徴は、たこ焼きの鉄板に立ち上がりがあり、たこ焼きを焼く時に
この立ち上がりの部分で出来る薄いたこ焼きを、本体のたこ焼きに巻き込みながら作るので
少し大きめで香ばしくほくほくの美味しいたこ焼きが出来ます。

作りながら関西人でも巻き込みづらそうにしていましたから、素人私などは大変でした。
店主のよくしゃべり、仕切るのが大好きなおばちゃんに途中からお任せしました。

韓国風の香辛料の効いたたこ焼きは、辛くない方でも辛くパンチがあり
味が良く解らない状態でした。
チーズは、たこ焼きと相性がよくまろやかで美味しく頂きました。

その後、難波から高速バスで高松に帰って来ました。
大阪の地下鉄千日前線から難波の高速バスまでいつもこの地下街を歩くのですが、
夜のナンバウォークのガラスブロックの光る壁は綺麗ですね。
曲線でゆったりした形状で、光の色が時間により変わって心なごみます。
ガラスブロックの一部の中に色々な素材が詰められていて、ゆっくり見て行く
飽きません。

大阪に行くことがあれば、ご覧になってください。
また、「蛸の壷」のたこ焼きもお勧めです。



SN3K0191.jpg   たこ焼きの具を入れる
 



SN3K0192.jpg   立ち上がりのある鉄板にたこ焼きを焼く
  


SN3K0193.jpg  たこ焼きの出来上がり



SN3K0195_20101120203914.jpg   ナンバウォーク



次回は1月に「蛸の壷」近くで会議があるので再度、このたこ焼きに挑戦しよう
と思います。

設計室 K








建築家イベントの参加

記事編集
今晩は

夜は、少し涼しくなったように感じます。

先週から今週にかけて、夏祭りも後半戦で色々なところ
で踊りや、花火などを観賞ことが出来ます。

時々、遠くで花火の音が聞こえますね。
つい身を乗り出して、探してみたりしませんか
なかなか見つけることが出来ませんね。

そういえば、セミの声も少し秋めいて来たように感じます。

先週の土・日とサンメッセの建築家のイベントに出席していました。
出席して感じるのは、住宅を建てるにあたり本当に、多種多様な悩みを抱えて
られるのだなということを実感しました。

そして、色々な条件のもと個人の住宅は成立して行きます。

住宅は、人生手で一番大きな買い物ですから、土地選びや、家を建てるため環境調整
から時間をかけて丁寧に携わりたいですね。

ご家族に対して優しく、環境に対しても優しい家づくりを行いたいと
思います。





HP用IMG_2619




幸せなご家族を観ていると幸せな気分を貰い、こちらも気持ちが豊かになります。
貰い泣きという言葉はあるけど、貰い幸せなんて言葉があると良いな
ゴロが悪すぎますが・・・


設計室 K










淡路島の建築を訪問

記事編集
今晩は
今日は、夜中に流星が見えるようですよ。

暦の上では、秋のようですが残暑がまだまだ強く残って
いるようです。

仕事の関係で淡路島に行く機会がありました。
その時に、知人を通じてお願いして、陶芸家のユニークなお宅を訪問しました。

草屋根の住宅でした。
そして、版築土壁も予想以上に敷地になじんでいました。
自然との距離感が良く、お施主様とも相性の良い計画だと思いました。


素朴な、幸せな建築でした。
お施主様とお話をしているとこちらまで幸せな気分になりました。
地域のなじみの深い職人さんたちと、共に家つくりを行ったとのことでした。

一体感がすばらしい

仕事を済ませて、帰りの道すがら達磨窯をちらりと見て、高速入口の西路公園(甍公園)
で一服して、会社に帰って来ました。

ばたばたと、淡路を巡ったので次回ゆっくりと訪れたいと思いました。
機会があれば、山田さんに達磨窯についてのお話がお聴きしたいな

淡路の瓦は綺麗で、逞しいですね。
この島では、色々な瓦の使い方を観ることが出来ます。
驚きがたくさんあります。



HP用IMG_2501   草屋根の住宅



HP用IMG_2511     草屋根の上   



HP用IMG_2518    かわいい登り窯  



HP用IMG_2529   達磨窯



HP用IMG_2541   瓦のオブジェ(甍公園)   





淡路にまた訪れたいな。
緑の畑中に建つ玉ねぎ小屋の風景が、良いねこの島は。


設計室 K










庭に繋がる家

記事編集
今晩は 
梅雨は早く明けてほしいものですね。必ず一日に一回は、雨が降る日が続いています。
いかがお過ごしですか

今週の日曜日にお客にご厚意で、お客様の知人と中心としたオープンハウスを
行うことが出来ました。

これから、2世帯でお住まいなるための増築とリフォームを行いました。

お客様とイメージ大切にして、コミュニケーションをしっかりとることを意識
して計画しました。

イメージをすくい取ること。そして、かたちにすること。
色彩を決めること。

どの行為も、本当にデリケートなものですね。

木造の良さを生かした、暖かく豊かで、伸びやかな空間を目指しました。
特に東側の庭との関連性は、大切にしました。

増築・リフォームは、すでにある生活を整理して編集してかたちにして行く作業です。
何度、やっても難しいものですね。

その都度、新しい環境で小さな新しいことにトライして行くので。

でも、楽しいですよ。建築は




HP用IMG_2041   外観1



HP用IMG_2033   外観2



建築を設計する度に、新しい発見があります。
面白くて、止められないですね。


設計室 K






高知の嶺北の森で

記事編集
先週の日曜日に,高知にS氏の建築の集まりで行って来ました。
先週は、今日と違い非常に天候も良く楽しく研修を受けることが
出来ました。

まず、高松から高知に入り、れいほく道の駅で講師の森昭木材のTさんと
合流して「山の砂漠化」を見学しました。
間伐を行い、枝打ちなどの手入れをされている杉のエリアと、手入れをしていない
杉のエリアを見学して環境の違いに驚かされました。
手入れを行うことの大切さと、杉によるCO2の固定化と杉を建材として利用し、
建築を行うことの関係と意義を学びました。

次に木材市場を見学しました。
ここの市場で扱う量は香川県の全体の市場で扱う木材とほぼ等しいぐらいとの
ことでした。
香川の場合、地場産の木材の流通はあまり多くはされていません。
地場産材の流通は、これからというところだと思います。

ここで、教えて頂いた木材料のヤング係数(材料強度)の話は非常に
分かりやすくためになりました。

昼食の後、森昭木材さんを見学しました。
山から出た木材は、皮から破材まで大切に最後まで使うという理念に感動しました。
またそこでは、大工さんの墨付けによる丁寧なプレカットも行われていました。
工場に置いてあった杉材をみると、柔らかい赤身で節が少ない良材が多く見られました。
またその後、木材の中温乾燥の利点など論理的に説明してくれました。
やはり、Tさんの知識は凄い

そして最後に、この木材を利用して建てられた「れいほくスケルトン」の町営住宅
モデルを見学しました。
このモデルハウスは、フルに木材を利用して、様々な提案がされていました。
建築デティールは非常に参考になりました。

思えば、近く山と材木屋さんと工務店さんと施主さんを結ぶ流通を保ち、
木の家をつくることが、昔は自然なことでした。
多くの外材の流入と木材のコストの低下のため、山の木を扱う林業は成り立ち辛く
なって来ました。

林業を守ること、地域に根差した木材を使い建築を行うこと大切なことです。
地域文化を守ることに繋がります。
そして、近くの山の木をほど、その地域に適した材料であり建築を行った後の
曲がりや反りなど狂いが生じにくいと云われています。

水上と水下の産業がスムーズ繋がり、地域の耐久性のある材料を使い、
施主と共に地域環境に合致した良い建築を造って行きたいですね。



HPIMG_1773.jpg   手入れがされていない杉林



HPIMG_1778.jpg   手入れが行き届いた杉林



HP IMG_1789   木材市場



HP IMG_1784   早明浦ダム



HP IMG_1819   酒蔵 桂月館







帰りに立ち寄った、桂月さんのお酒と酒蔵建築も良かった。
すばらしく良い研修でした。     設計室 K